ムー大陸は山口県の地底にある! オーパーツだらけの美川ムーバレーが面白すぎる

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

美川ムーバレー

山口県岩国市。

日本三名橋で知られる錦帯橋より20キロほど離れた場所に美川ムーバレーはあります。



知る人ぞ知る・・・

というよりも地元県民にすら、あんまり知られていない隠れた名所。



地底王国・美川ムーバレーがオーパーツだらけで面白すぎたので紹介します!



そういえば、このムーバレーで撮った写真にだけ、異様にオーブとか赤い光みたいなのが写っていたんですよね・・・

怖がらないで! 心霊写真の鑑定方法と対処方法
 遊びに行った先など、何気なく撮影した写真に、奇妙なものが写った経験はありませんか? 光の玉、白いモヤ、赤い光、人影らしきモノ、消えた体の一部… ...



スポンサーリンク

美川ムーバレーとは

美川ムーバレーは、山口県岩国市にある旧玖珂鉱山跡を利用したテーマパークです。



美川ムーバレー 公式HP

http://www.muvalley.com/index.html(外部リンク)



そのテーマパークで何をするかというと、実際に坑道内に入り、謎解きをしながら進んでいく脱出ゲーム。



特筆すべきなのは、美川ムーバレーが「ムー大陸」をモチーフにしているところ。





謎の看板・・・

看板


謎のオブジェ・・・

オブジェ


そもそも何故ムー大陸なの!?



こんな感じのミステリーなデコレーションを施した、

怪しさ満点の素敵スポットです!


いざ地底王国へ

美川ムーバレー
車を停めた駐車場付近から、さっそく古代文明風な像がお出迎え。

そして怪しいBGMが・・・



さすがに気分が高揚します。



トイレの案内
ただのトイレの案内すらこのクオリティである。



入り口
入り口でチケットを購入。



その時に調査記録カード(コインで削るタイプのスクラッチカード)と

ライトを受け取ります。



このライトとスクラッチカードを使って、

坑道内に散りばめられたクイズを探し出し、答えを導き出しながら出口へ向かうのです。



坑道内はこんな感じ。

坑道内
真っ暗!

怖え~~!!



私が訪れたのは、山道にまだ雪が残る2月の後半。

坑道内は年間通じて16~17℃くらいと聞いていたのですが、

外気と変わらない印象を受けました。



夏に訪れた人の書き込みを見ていると、

涼しいというより寒く感じるらしいので、

羽織るものを用意しておいた方がよいかと。



それから、地面はところどころ傾斜があり、かつ水に濡れているのでスニーカー推奨。



ヒールの高い靴で行くと大変なことになりますよ!


オーパーツがいっぱい!

水晶ドクロ
オーパーツとは“Out Of Place Artifacts”の頭文字をとった言葉で、

「場違いな工芸品」という意味。



その時代の技術や科学では、

到底知りえなかったはずの知識、

作りえなかった人工物

といった、その時代には存在しないはずの加工品を指します。



そんなオーパーツ(のレプリカ)がそこかしこにあります!

これを見に来た!!





モアイだ!

モアイ


コスタリカの人工石球だ!!

コスタリカの人工石球


黄金ジェットだ!!!

黄金ジェット


パレンケの古代宇宙飛行士だ!!!

パレンケの古代宇宙飛行士


アンティキティラの歯車だ!!!!!

アンティキティラ


・・・



何かムー大陸と関係ないような



・・・





と頭をよぎる夢のない考えは横に置いておいて、



エジプトの電球


思っていたよりレプリカのクオリティが高いんです!!



後に知ったのですが、レプリカのオーパーツを作りにあたり、

監修に学研が関わっているとのこと。



学研といえば、オカルト雑誌・月刊ムーを発行している会社ですね。



なるほど、出来が良いはずだ~、と妙に納得しました。



コンパス
ところどころにこのようなスポットがあり、答えを出す作業を行います。

ちょっと頭をひねらないと解けない問題もあり、その答えを元に坑道内を歩き回ります。



外観からは予想できませんでしたが、坑道内はかなり広い!



マップを見ながら現在位置を把握しつつ、地形を覚えて次へ進む・・・

そうでないと同じ場所を行ったり来たり、また行ったりを繰り返すことに。

舐めてかかると坑道内をさまよう羽目になります!!



ゆっくり写真を撮りつつ出口を目指しつつ、

ゴールまでは1時間と少しかかった感じでしょうか。



他の人の書き込みを見ても、1~2時間くらいが攻略にかかる時間の目安のようです。



洞窟を歩くという“探検している感じ”に、

小さい子どもほどテンションが上がる気がしますが、

小学生以下だと謎解きは難しいかもしれませんね。


レストランムー

レストランムー
ムーバレーの中にある食事ができる施設です。

その名も「レストランムー」



ネーミングが直球なのがいいですね!



こちらの名物は「ピラミッドカレー」

その「ピラミッドカレー」にトンカツをトッピングした、「ピラミッドカツカレー」をいただきました。

ピラミッドカレー
ライスがピラミッドの形になっているのがわかりますか??



お客さんが少なかったからか、お味噌汁をサービスしてもらいました。

お心遣いに感謝!

大変美味しくいただきました!!


お土産は「ムーショップ」で

ムーショップ
地底王国のお土産屋さん、「ムーショップ」



お店では、お菓子をはじめとするオリジナルグッズや、

民族博物館で見るような仮面が売られていました。



店員さんが大阪出身の方だったので、地元の話題について少し話しこんでみたり。



クッキーとオカリナを買って、ムーバレーを後にしました。


おわりに

美川ムーバレーについて、写真多めの紹介でした!





美川ムーバレーはお客さんを飽きさせないために、

謎解きのテーマをおよそ1年周期で変えているとのことです。



以前行ったことがあるという方も、新たに興味をもたれた方も、

不思議大好きな方ならきっと満足してもらえると思います!

(でも、お一人様はキツイかも・・・)



ご家族、お友達、彼氏彼女をお誘いの上、地底王国を訪れてみてはいかがでしょうか!!

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

トップへ戻る