カズレーザーも!? 事故物件に住んだことのある芸能人

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

事故物件

事故物件とは、過去に死人を伴う事故や事件に見舞われた物件のこと。



そんな物件に住んでいると、時として怪奇現象に見舞われることも・・・

ワケあり物件に住んだことのある芸能人についてまとめました!

知らないと危険!事故物件・訳あり物件の見抜き方7つ
事故物件とは、過去に人の死に関わる事故や事件が起きた物件のことです。 霊感があってもなくても、そんな場所に住みたくありませんよね。今回は、事故物件や訳あ...







スポンサーリンク

メイプル超合金 カズレーザー

2016年に大ブレイクしたお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー。

金髪と全身真っ赤の衣装が印象的なカズレーザーですが、彼が現在住んでいる部屋が事故物件だというのです。



カズレーザーの住まいは、



新宿駅から徒歩15分の場所

築30年以上の木造に2階建て。

風呂トイレ付きの1K



家賃は元々7万円だそうですが、半分くらいの3万7千円。

この破格の安さの理由は…



「この部屋で過去に男性が亡くなっているから」



事故物件に住むことになったきっかけは、お世話になっている不動産屋から

「事故があったから借り手がつかない。だれか住む人いない?」

と相談されたこと。



部屋を見に行ったら、6畳間の真ん中の畳に痕が。

「めっちゃ汚れてるじゃないですか!」

「実は…」

と事故物件であることを明かされました。



不動産屋の話を聞いたカズレーザーは

「まあいいですよ」とさほど気にならなかったようで、

安いからと契約することを決めたという。



驚くべきは、まだ畳に痕が残ったままになっていること。



カズレーザー曰く、

「畳を替えるのに5,000円かかる」と言われ、

「畳の交換に5000円かかるなんて冗談じゃない!」と

費用に納得できなかったため、畳の交換をしなかったそうです。



しかし、痕が部屋の真ん中に大きく広がっていて、部屋のどこにいても目に入る。

そこで畳を動かして中心にならないように工夫し、最も痕が大きい畳の上にはタンスを置いて、見えなくなっているとのことです。




はるな愛

関西テレビの「快傑えみちゃんねる」で、タレントのはるな愛が以前、事故物件に住んでいたことがあると話しています。



これははるな愛が住んでいた、とある東京のタワーマンションで起こった出来事だそうです



そのマンションは芸能人も多く住んでいる新築のマンションでした。

しかし…



なぜか風呂場の洗面台ガラスに子どものものと思われる、小さな手形が多数ついていたというのです。



しかも、

その手形は何度拭き取っても、その度に浮かび上がってくるというのです。



不安を感じたはるなは、とある番組でこの件を霊能力者に持ちかけました。



すると霊能職者より、

「ブルーの石を自宅に送るので、洗面台に置いてください」

と言われました。



その後、はるなが指示通りに送られた石を洗面台に設置すると、手形は全て消え去ったそうです。



ちなみにその後、インターネットで調べてみたところ、

そのマンションは事故物件との認定を受けており、

どうやら建設時に何かトラブルがあったらしいことがわかりました。



「入口に置いた植木もすぐ枯れたし…」

と当時を振り返り、「すぐに引っ越しました」と事の顛末を語りました。



ちなみに、その時送られてきたブルーの石は、現在でもお守りとして保管しているそうです。


ライセンス 藤原

これはライセンスの藤原が、大阪で住んでいたマンションで起こった話です。



彼は引っ越すにあたり、大阪でマンションを探していました。

しかしそこは不動産屋の二軒目。



「もっといい物件がでてきたらいいな~」

くらいの軽い気持ちで訪れたそうです。



とはいえ、一軒目で出された物件で、ほぼ気持ちが固まっていたため、

不動産屋が出してくれる物件も「これは結構です」と断り続けていました。



すると不動産屋は、

「それじゃ、仕方ないですね」

とふいに別の戸棚からファイルを取り出し、一つのある物件を提示しました。



その内容は、

大阪の難波

10畳ワンルーム

風呂トイレ付き

壁もしっかりしている感じ

そして家賃が3万6千円



こんなに良い物件なのに家賃も安い!



驚いた藤原が

「こんなにいいのがあるんですか?

なんでこんなに安いんですか??」

と尋ねると



「いや~ここね、ちょっとシャワーの出が悪いんです」



と説明された。



その説明を聞き、一度その部屋を見に行ってみることに。



部屋は広いし、内装も綺麗にしている。



「じゃあここにします」

とその場で契約を決め、ほどなくしてこの部屋に住むことになりました。



シャワーの出が悪いとの話しでしたが、使用してみると、別にシャワーに問題を感じない。



「これはいい所見つけたな~、ラッキーだったな~」

と彼は満足していました。



しかし住み始めてしばらく経った夜のこと。



ベッドに横になっていた時、テーブルの上に置いていた雑誌が

ペラッ、ペラッ・・・

とめくれていくのに気がつきました。



窓も閉めているし、エアコンもつけていないのに…



何だか妙だなとは思ったものの、おそらく見間違いか夢でも見たのだろうと、

その時はあまり気にしないことにしました。



また別の日に寝ていると…

ザーーーッ!!



いきなり室内に響き渡る砂嵐の音。

何もしていないのにテレビが点灯したのです。



眠っている傍にリモコンが置いてあるので、寝返りを打った時にボタンを押してしまったのか、と思いつつ

今回は気持ち悪さを感じ、結局一晩中眠れないまま。

明るくなってから眠りについたそうです。



また別の日には、浴室からいきなりシャワーが噴き出す音が。



気持ち悪さと怖さを感じた藤原は、テレビのボリュームを最大にし、

恐怖感を紛らわせて夜を過ごしたといいます。



それからしばらくして…

ある日コンパに参加し、藤原を含めたメンバーで大盛り上がり。

そのメンバーで、藤原の家で飲み直そうという話になりました。



藤原のマンションまで来た時、メンバーの女の子の一人が突然

「私、帰る」

と言い出しました。



せっかく盛り上がっているのに…と不思議に思ったメンバーが理由を聞くと、

「このマンションには入りたくない」

と繰り返すばかり。



思い当る節があった藤原は女の子に「もしかして霊感ある?」と聞くと、

「めちゃくちゃある」と女の子は答えました。



「じゃあさ、このマンション見てよ」

「絶対イヤ。このマンションには入りたくない」





無理やり女の子を連れていき、部屋の扉を開けると彼女はこう叫びました。



「ほら居てる!



彼氏に振られて自殺した女の霊が、(藤原を)彼氏だと勘違いしてくっついてきてる!」



はほぼ正方形になっている藤原の部屋の一つの隅。

そこにテレビが置いてあり、テレビの後ろには三角形の隙間がありました。

その三角形の隙間に女の霊が立っているというのです。



なんでそんなところに立っているのか…



「一人暮らししている人が一番見る場所がテレビだから、その後ろに立っている」



慌ててテレビの後ろにラックを押しこみ、三角のスペースを潰したそうです。



ほどなくして引っ越すことを決めた藤原は、最後に管理人の元に挨拶に行きました。



「今までお世話になりました。

そういえばおばちゃん、俺の部屋にお化け居るって言われたんやけど」



すると管理人のおばちゃんはさして驚いた様子もなく、

「あんた知らんのかいな。前に自殺した人がおるねん」



過去に女性が、このマンションの7階から飛び降り、自殺したのだそうです。



その時藤原が住んでいたのは4階。



飛び降りた女性は、彼が住んでいた部屋のベランダに衝突し、命を落としたのだそうです。


事故物件住みます芸人 松原タニシ

松竹芸能所属のピン芸人・松原タニシ。

彼は事故物件に住むことを生業にしている芸人で、今まで3軒の事故物件に渡り住んでいます。



この生活の始まりは、北野誠の「 心霊探偵団本部 『おまえら行くな。』」の企画から。



事故物件に住んで1日中カメラを回し、

幽霊が映る、

心霊現象が起こる

などの動きがあれば、ギャラが発生するという企画でした。





1軒目の物件は、北野誠が探してきた「大阪で一番幽霊が出る噂の物件」。

カメラで部屋を撮影していると「オーブ」が日に日に増えていく様子も映り、

最後にはタオルのような長いものも映っていたそうです。



その後、マンションの近くを歩いていると、車にぶつかる接触事故に遭ってしまいます。

幸い無傷だったものの、この部屋への引っ越しを手伝ってくれた3人の後輩芸人も同じように接触事故に遭い、全員が無傷だったということが起こっています。



これは偶然なのか、警告なのか…



2軒目は、息子が母親を殴打したあと、浴槽に沈めて殺す事件が起こった部屋でした。



2DKで家賃が2万6,000円。

敷金も礼金もないという破格な安さ。



2部屋あったので、その時は後輩の芸人であるゆんぼだんぷ・カシューナッツと同居していました。



松原が住んでいたのは殺された母親の部屋。

部屋の畳をめくったら、血痕と思しき形跡が残っており、

息の根を止められた浴室では、おそらく鏡が置いてあった場所が、セメントで塗り固められていたそうです。



入居したその日の夜から、異変が彼を襲います。



寝ていた時に友人から携帯に留守電が入り、メッセージを聞いてみるも、変な雑音がして聞きづらい。

朝になって友人に連絡を入れてみると、「電話なんてかけてないよ」との返事。



似たようなことが何度も続いたそうです。

その雑音は「ゴボゴボ」と聞こえるような…

もしかすると息子が母親を湯船に突っ込んだ時の音だったのか…



さらに眠っている時に、女性の悲鳴がかすかに聞こえることもあったとか。



現在は3軒目の、ロフト付きの天井の高い、真っ白なおしゃれな部屋に住んでいます。



ここは恋人とケンカしたことがきっかけで、女性が首つり自殺をしたマンションの一室。

その現場となった玄関からは、今でも不思議なラップ音がしょっちゅう聞こえてくるそうです。


島田秀平が語る「13階段」

手相芸人こと島田秀平が語っている話です。

彼が事故物件に住んだのではなく、彼の後輩が体験した話ですが、彼自身も関わっています。

文章にすると長くなってしまいますので動画を貼っておきますね。



島田秀平の超怖い実話 13階段の恐怖(※音声が出ます※)







スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

トップへ戻る