呪いの宝石 ホープ・ダイヤモンド

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

呪いの宝石 ホープ・ダイヤモンド

(画像出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/ホープダイヤモンド)

スポンサーリンク

世界最大のブルーダイヤ、「ホープ・ダイヤモンド」

45.50カラットという規格外の大きさの、世界最大のブルーダイヤ「ホープ・ダイヤモンド」。

その価値は200憶円とも300憶円とも言われています。



「フランスの青」、「王冠のブルーダイヤモンド」、「タヴェルニエ・ブルー」など、さまざまな別称で呼ばれ、映画『タイタニック』で登場する「碧洋のハート」のモデルにもなったホープ・ダイヤモンド。



そしてこのホープ・ダイヤモンドは呪われたダイヤとしても有名なのです。

ホープ・ダイヤモンドの持ち主は不幸・不運に見舞われ、いずれも非業の死を遂げたという噂がまことしやかに語り継がれる「呪いの宝石」なのと伝えられています。

呪いをかけるのに適している神社は○○があるところ
”呪い”と”祝い”は、正反対の言葉に思えますがその本質はよく似ています。 神社とは、お参りして神様と向き合い、祈りを捧げる場所です。ですが祭神様やご利益によ...



呪いの変遷

呪いの宝石 ホープ・ダイヤモンド ヴェルサイユ宮殿

ダイヤの発見

ホープ・ダイヤモンドが発見されたのは9世紀頃と言われています。

インドの西北部ガット山脈のバルカット峠のふもとで、一人の農夫により発見されました。青く美しい透明な石。農夫は大喜びしたことでしょう。

しかし、農夫の住む村にペルシアの軍隊が攻めこみ、ダイヤを渡すまいと、必死に握りしめていた農民の腕ごと切断されてダイヤを強奪されてしまいました。

ペルシア軍の司令官はその青いダイヤモンドを国王に献上しましたが、その後、その司令官は原因不明の自殺、国王も臣下の謀反で殺されてしまいました。

その後、ダイヤはインド・ベーガンにある寺院の、仏像に埋め込まれることになります。


宝石商タヴェルニエ

17世紀、フランスの宝石商ジャン・バティスト・タヴェルニエが、インドの寺院に祀られていた ラマ・シータという神像の眼からそれをくり抜いて盗み取り、フランスに持ち帰りました。

そして国王ルイ14世に献上すると、大喜びした国王はタヴェルニエに対し数十億円もの褒美を与えました。

しかしタヴェルニエはその後、事件に巻き込まれ全財産を失い、出かけた先のロシアで野犬に食い殺されて死亡したと言われています。




フランス国王 マリー・アントワネット

1627年、ルイ14世は112カラットを超す青いダイヤを、ハートシェイプカットに仕立てさせます。

67カラットの見事なハートシェイプダイヤは「フランスの青」と呼ばれ、王はそのダイヤを喉元につけて飾りました。その後、ルイ14世は天然痘で病死します。

それからもダイヤは、ルイ15世、ルイ16世とフランス王室に代々受け継がれていきます。

後のダイヤの所有者たち、ルイ15世の愛人デュ・バリュー夫人やルイ16世王妃マリー・マントワネットは、ご存じの通り、フランス革命で断頭台の露と消えました。

革命の動乱の時代、ホーブ・ダイヤモンドは窃盗団に盗まれ、一時行方不明となります。


宝石研磨師 ウィルヘルム・ファルス

18世紀、盗まれた青いダイヤはイギリス、オランダを転々とした後、アムステルダムの宝石研磨師・ファルスの手に渡ります。

盗品であることを隠すためにリカットしたのですが、彼の息子にそのダイヤを盗まれ、ファルスは極貧のうちに死ぬことになります。



息子も後になぜか発狂して自殺。

ダイヤを買ったブリューという男は、ダニエル・エリアソンにダイヤを売った後で餓死したと言われています。

そしてエリアソンからダイヤを買った宝石商コローは自殺しました。


ヘンリー・フィリップ・ホープ

1830年頃、ダイヤはロンドンのオークション出され、競売にかけられます。

呪いの噂は誰もが知っていましたが、ダイヤの持つ価値から、誰もが欲しがりました。



ブルーダイヤを競り落としたのは、実業家ヘンリー・フィリップ・ホープでした。

このダイヤは、彼の名をとって「ホープ・ダイヤモンド」と名付けられたのです。



ダイヤを競り落としたホープは、その後多くの不幸に見舞われました。

ダイヤを買った数年後に破産、そして死亡しています。

しかし、一族はこのダイヤを手放さず、ホープ家は4代に渡ってダイヤを所有し、 そして富豪だった一族は地に落ちました。



この後も、ホープ・ダイヤモンドは人々の手を転々とします。



フランスの宝石ブローカーは発狂して自殺。パリの女優ラドル嬢は舞台上で愛人のロシア人に射殺され、その愛人も革命家に殺されてしまいました。

トルコのスルタンは革命によって王位を追われ、ギリシャの宝石ブローカーは妻子と一緒に自動車で崖から転落死して命を落としています。


最後の犠牲者 マクリーン夫人

1909年に宝石商ピエール・カルティエが購入し、無色のダイヤモンドで周囲をとりまいたネックレスに仕立てあげ、1911年にワシントン・ポストのオーナーの義理の娘、エヴァリン・ウォルシュ・マクリーン夫人にこれを売却します。ダイヤモンドを愛好しているマクリーン夫人は、ホープ・ダイヤモンドを見せられるとすぐにそれを購入しました。

夫人はホープ・ダイヤモンドを牧師のもとへ持って行き、祝福をしてもらい、それをお守りとして身につけますが…

10歳の息子が交通事故で死亡。マクリーン夫妻は夫婦生活が破綻して離婚。

一連の出来事で精神に異常をきたし、精神病院で狂死。

1946年、25歳の娘が睡眠薬の過剰摂取で死亡。

それでも夫人はホープ・ダイヤモンドを手放そうとしませんでしたが、その数ヶ月後にはマクリーン夫人も肺炎で病死しました。


ハリー・ウィンストン

マクリーン夫人のホープ・ダイヤモンドを買い取ったのはニューヨーク宝石商、ハリー・ウィンストン。彼は100万ドルでこのダイヤを買い取り、10年ほど個人コレクションとして所有した後、1958年にスミソニアン研究所に寄贈しました。

奇妙なことに彼は、これほど価値がある宝石を、2ドル44セントの郵便で送ったと言われています。

こうして多くの人々を不幸に巻き込んできた青いダイヤモンドは、今はアメリカ・スミソニアン博物館内の国立自然史博物館に所蔵されています。


噂の真相

呪いの宝石 ホープ・ダイヤモンド 英字新聞
持ち主を次々に不幸にするという、呪いの宝石ホープ・ダイヤモンド。

しかしこれまで紹介してきたエピソードの多くは、1900年初頭にロンドン・タイムズなど、イギリスの新聞が好んで書いたために広まったものではないかと言われています。



また、マクリーン夫人にダイヤを販売した宝石商カルティエがついた嘘という説や、ヘンリー・ホープの孫の嫁、メイ・ヨーへのデマだったという説もあります。



その説によると、ヘンリー・ホープの孫フランシスの妻、アメリカ人女優のメイ・ヨーへが、15章からなる『ダイヤモンドの謎』という本を執筆し、その中にさらに架空の登場人物を加えていたといいます。

そして、その本をベースにしたメイ自らが主演する映画を製作し、ここでも話の誇張と人物の追加をしています。

脚色や誇張が多い本や映画によって、呪いにまつわるエピソードが増えたのではないか、と言われているのです。


ホープ・ダイヤモンドの呪いは続いている?

スミソニアン博物館に寄贈され、ホープダイヤの呪いは終止符を打ったかに見えました。



最後の所有者、ハリー・ウィンストンは呪いの噂を笑い飛ばしていたといいますが…

彼は後に交通事故に4度遭っており、事業にも失敗して破産します。

そして、最高級宝飾ブランドであったハリー・ウィンストンは、スイスのスウォッチ・グループに買収されたのです。



呪いの宝石 ホープ・ダイヤモンド マリリンモンロー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/マリリン・モンロー)

スミソニアン博物館に寄贈される前ですが、マリリン・モンローが主演映画の中で、ホープ・ダイヤモンドを身につけています。

それから9年後、彼女は自宅の寝室で謎の死を遂げているのです。

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

スポンサーリンク
トップへ戻る