やりすぎ都市伝説 ギザの三大ピラミッド フリーメイソンロッジ説

ピラミッド フリーメイソンロッジ説

やりすぎコージー・芸人都市伝説で語られた都市伝説をまとめています。

前回の記事はこちら!



 
スポンサーリンク

ピラミッド フリーメイソンロッジ説

世界の七不思議の一つに数えられるエジプト・ギザの三大ピラミッド。

 

この巨大な建築物は、今から4500年も昔に建造された。

建設に使う重機もなく、建築技術も今よりずっと劣る、遥か昔の時代にである。

 

なぜピラミッドは建造されたのか?

どうやってピラミッドを建造したのか?

ピラミッドの内部では一体何が行われていたのか?

 

建造方法も建造理由も使用方法もわからない、いまだに謎多き建造物である。

 

しかし最新の研究と調査の結果、ピラミッドの建造理由について、ある説が浮上してきている。

 

エジプトのピラミッドは、フリーメイソンのロッジだったのではないかと言うのだ。

 

イシスの密儀

イシスの密儀
秘密結社の名の通り、世界に300万人の会員数が名を連ねながら、その活動の目的と内容は明らかにされていない。

噂によると、フリーメイソンのロッジ内では秘密の会合や儀式が行われているという。

 

そのフリーメイソンで行われている秘密の儀式こそが、ピラミッドがフリーメイソンのロッジであることを紐解く鍵になるという。

 

古代エジプトには、イシスの密儀と呼ばれる特有の信仰が存在する。

イシスの密儀とは一体何なのか。

 

イシスの密儀は、エジプトに伝わるイシスとオシリスの神話に端を発する。

 

エジプトを支配する伝説の神・オシリスと妻・イシス。

 

この二人の関係に嫉妬したオシリスの弟・セトは、オシリスを殺した後、死体をバラバラに切り刻んだ。

妻・イシスは、バラバラに刻まれたオシリスの死体を回収するため世界をまわり、魔術をもってオシリスを蘇らせたと伝えられている。

 

このオシリスを復活させた魔術こそ、イシスの密儀である。

 

このイシスの密儀を再現したものが、フリーメイソンの最高儀式である。

 

そして、その最高儀式が行われていた場所こそ、三大ピラミッドの内部だったのだ。

 

ピラミッドで行われる蘇りの儀式

クフ王ピラミッド最上階に位置する「王の間」。

 

王の間は、蘇りの儀式が行われる場所であった。

 

蘇りの儀式とは、ピラミッド内に用意された棺に入り、一度「死の儀式」を受けた後に「蘇る」というもの。

 

儀式とは神話の再現である。

セトに殺された後に、イシスの手によって蘇る。

蘇りの儀式とは、オシリス神にまつわる神話を追体験することに他ならない。

 

ピラミッド内部の部屋は、「地下の間」、「女王の間」、「王の間」が発掘調査により存在が確認されている。

蘇りの儀式も、

 

「地下の間」→「女王の間」→「王の間」

 

の順に儀式が行われていったと考えられている。

 

古代エジプトの密儀において、ピラミッドは神聖な空間であり、同時に、生命を司る場所として活用されていた。

 

ピラミッドこそ人類初の儀式神殿なのである。

 

アメリカ紙幣とエジプトの関連

プロビデンスの目

アメリカ紙幣の1ドルの裏に刻印された、フリーメイソンのシンボルマーク。

1ドル札 プロビデンスの目
(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国ドル)

 

ピラミッドに目。

 

フリーメイソンのシンボルマークは、イシスとオシリスの神話が元になっている。

 

オシリスの子・ホルスは、オシリスを裏切った弟・セトと戦う。

その戦いの中で、ホルスは左目を失ってしまう。

 

ホルスの目
 

ホルスの失われた左目は飛翔し、エジプト全土を旅して周る。

そしてホルスは広い知見と見識を得たと言われている。

 

ホルスの目は、絶対的な力を持った「再生のシンボル」として、エジプトで強く信仰されていた。

ホルスの目は物事を見通すという。

 

このことから、「万物を見渡す目」として、フリーメイソンのシンボルマークに取り入れられたのだ。

 

そのため、ピラミッドに目のシンボルマークで描かれている目は、全て左目である。

 

 

矢とオリーブの枝をつかむ鷲

同時にホルスは天空の神でもある。

エジプトには鳥の姿をした神の彫刻が数多く残されている。

 

もういちどアメリカの1ドル札に目を向けてみよう。

1ドル札 鷲
(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国ドル)

 

1ドル札の裏にも、力強い鳥の象徴として「鷲」が描かれている。

 

次にこの画像を見ていただきたい。

ツタンカーメンの装飾品
(画像引用:やりすぎ芸人都市伝説・上巻より)

 

これはツタンカーメンとともに出土した装飾品である。

 

お気づきだろうか。

1ドル札の鷲の姿は、この装飾品を元に描かれているのだ。

 

これらの話を総合すると、ある答えが導き出される。

 

 

フリーメイソンの起源はエジプトにあり。

 

やりすぎコージー・芸人都市伝説で語られた都市伝説をまとめています。

次の記事はこちら!

不思議な話
「不思議な話」の記事一覧です。