パワースポットとは

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

パワースポット 白糸の滝

ここ数年ですっかりブームとなっている「パワースポット」という言葉。

パワースポットを特集した旅行本が出たり、テレビ番組が組まれたりしています。



ですが語感から、なんとなくパワーがもらえそうな場所という漠然としたイメージはあっても、

「パワースポットってよく耳にするけど・・・
どういう場所のことを言ってるんだろう?」



こんな方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

今回はパワースポットの定義と、そのお参りについてまとめてみました!

生年月日でわかる! 相性の良いパワースポットの調べ方
 「パワースポットに行ったんだけど、何だかあまり効果がないような・・・」こんな経験はありませんか? 実はパワースポットには相性があります。だから一度...



スポンサーリンク

パワースポットとは

パワースポット 高千穂峡
パワースポットという言葉は和製英語で、

「大地のエネルギーを取り入れる場所」

と紹介されています。



大地にエネルギーが流れているという考え方は古くからありました。

ヨーロッパでいうレイライン

古代インドのナーガ

中国の龍脈

日本だとナメラスジという言葉がその考え方に該当します。



また、兵庫県六甲山にあったとされる古代文明・カタカムナ文明に、
「イヤシロチ」「ケガレチ」という言葉があります。



イヤシロチとは神聖・清浄な場所のことで、植物が大きく元気に育つポイントだとされてきました。

ケガレチはその逆の言葉で、草木が枯れてしまうような、元気が吸い取られるポイントのことを示します。



パワースポットとは、こうしたエネルギーが噴き出す場所、集まるポイントのことを言います。


パワースポットの種類

パワースポット
パワースポットは以下のように大きく6種類に分けられます。
パワースポットの種類


●神社・仏閣

●霊山(かつて山岳信仰の対象となった山)

●地中からの物質が噴き出ているところ(※1)

●電磁場のあるところ

●滝や森林

●龍穴(※2)の上にある建物



※1 温泉、湧水、水蒸気、ガス、溶岩、火山など

※2 龍穴とは、風水の考えで「大地の気が噴き出ているポイント」のこと



パワースポットの中には、上記に挙げた種類の混合であることも多くあります。

エネルギーが噴き出す龍穴上に神社・仏閣が建築されたといったパターンです。


パワースポットを訪れる時の注意点

パワースポットはエネルギーに満ちた場所であるため、時としてエネルギーが悪い方向に作用することがあります。

たとえパワースポットと呼ばれている場所でも、もし嫌な気持ちや、不快な感じがする場合は速やかに離れましょう。



ああなりたいこうなりたい、運気を上げたい…

ご利益目当てに、いろんな想いが胸のうちで渦巻いているかもしれません。

ですがパワースポットを訪れる時の心構えとして、素晴らしい場所に巡り合えた事に感謝し、心を無にすることが望ましいとされています。



エネルギーとは波長です。

その場所のエネルギーに波長を合わせ、必要なパワーや運を授かりましょう。



また、神社・仏閣を訪れる際には必ず作法に則ったお参りをしてください。

パワースポットのブームで目当ての大木や石ばかりを写真におさめ、本殿は素通りという観光客に、苦言を呈する関係者も少なくありません。



神社・仏閣は信仰の場であり、その土地にも神様がいらっしゃいます。



決して礼を失せぬよう心がけましょう。

神社のお参りの作法について知りたい方はこちら「知っておきたい!神社参拝の作法」

スポンサーリンク

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

スポンサーリンク
トップへ戻る